SMS認証用の携帯電話番号を量産して「SMS認証」を突破する方法

SMS認証用の携帯電話番号を量産して「SMS認証」を突破する方法
無料動画講座

こんにちは、Crescita(クレシタ)代表の松本です。

今回は、SNSやYouTubeなどの「SMS認証」を突破する為に必要な携帯電話番号を量産して、SMS認証を突破する方法を紹介していきます。

090,080,070などの日本の携帯電話番号を取得するので、規制には絶対にかかりません。

もちろん、悪用は厳禁です。

それでは、はりきっていきましょう。

 

1.無料アプリで海外の電話番号を取得する方法

海外の電話

こちらは有名な無料アプリを使って、海外のSMS用の電話番号を取得する方法です。

無料で出来るのですが、YouTubeやLINEなどの一部SNSでは、これらの海外SMSが使えなくなってきているようです。

今後はこういった規制が更に加速すると思いますので、まだ利用可能なうちにインストールすることをお勧めします。

まずはこれらのアプリを試してみましょう。

 

①HeyWire

HeyWire
有名な米国の携帯の番号を取得出来るアプリ。
ただし、Facebookのアカウントが必要です。

HeyWireの使い方の使い方を解説している記事を見つけましたので、こちらを参考にしてください。

HeyWireでLINEやViberの認証用SMS用の番号を取得する

 

②Text+

Text+
こちらも米国のメッセンジャーアプリです。

LINEやYouTubeの認証に使えます。

使い方を解説している記事がありましたので、こちらを参考にしてください。

textPlusを利用して、LINEで使える電話番号を取得してLINE登録する方法

 

2.非道徳なSMS認証突破方法

非道徳

いろいろとSMS認証の方法を検索していた時に推奨されていた方法です。

しかし、こちらの方法は非道徳な方法ですので、実践されないことをお勧めします。

良くない方法のひとつとして、ご紹介させて頂きます。

 

①店頭のデモ端末でSMS認証をしてしまう

実は、最近の店頭のデモ端末は、店頭用にSIMカードが入っていて電話番号が発行されているものがあります。

この端末を使用してしまうとのことですが、実際に店頭でSMSが受信出来ることを確認したという記事がありましたのでご紹介致します。

HeyWire・TextFreeでは回避できないどんなSMS認証も解決する裏技!※悪用厳禁

とはいえ、やはりキャリア側もこのような使用目的の為に電話番号を用意したわけではありません。

最悪詐欺になってしまう可能性がありますので、絶対に悪用しないようにしましょう。

それでは、合法的に日本の電話番号を取得してSMS認証を突破する方法をご紹介します。

 

3.日本の電話番号を取得してSMS認証を突破する方法

ServersMan SIM LTE

実は今、携帯のSIMカードは月額数百円という値段で契約が可能です。

そこで、トーンモバイルという会社の「ServersMan SIM LTE」というサービスを利用します。

このサービスを契約すると格安のSIMカードが郵送されて来ますので、そのSIMカードの電話番号を使ってSMS認証をしてしまいます。

※基本パック+SMSオプションを付けることでSMS利用が可能になります。

認証が終わったら、SIMカードのサイズ変更を申し込み、SIMカードを変更します。
SIMカードを変更してしまえば、また電話番号が変わっていますので、その電話番号を使ってSMS認証を解除・・・という流れで、いくらでもSMS認証を解除していくことが可能になります。

それでは、詳しい流れをみていきましょう。

 

①準備編

一度出来てしまえばいくらでも量産出来るのですが、まずは準備が必要です。

最初は少しお金が掛かってしまうのですが、SMSの認証の代行をしてあげたり、ページの最後で紹介している方法で後から回収が可能ですので、投資だと思って揃えてください。

後々本当に便利になります。

 

1)SIMカードを契約する

SIMカード

まずは、ServersMan SIM LTEで新規にSIMカードを契約しましょう。

契約する際は、SIMオプション付きのSIMカード(新規契約時はナノサイズ)を指定します。

数日するとカードが送られて来ますので、それまでにスマホとSIMサイズ変換アダプターを別途用意しましょう。

 

2)専用のスマホを準備する

スマホ

自分のスマホでも良いのですが、SIMカードを頻繁に入れ替えるので、専用のスマホがあると便利です。

昔使っていたスマホでも良いですし、中古ショップで購入しても構いません。

ただし、「標準SIM」か「microSIM」が入る機種に限ります。

ナノサイズ限定のスマホは利用できません。

 

3)SIMサイズ変換アダプターを購入する

SIMサイズ変換アダプター

SIMカードのサイズ入れ替えを行う際に必要になります。

アマゾンでSIMサイズ変換アダプターを購入しましょう。

私のときは到着までしばらく掛かったので、早めに注文しておくことをお勧めします。

 

②実践編

実践

いよいよ実践です。

今回は、標準SIMカード仕様のスマホの場合で説明しますが、microSIMカード仕様のスマホだった場合は、標準をmicroに置き換えて考えてください。

 

①SIMカードの切り替え順序

1)まずは新規でnanoSIMカードを契約。

2)nanoSIMカードが到着したら、nanoSIMカードに標準サイズの変換アダプターを使用。

3)新しい電話番号を取得出来たので、各種SMS認証をこなす。

4)使い終わったら、トーンモバイルのサイトでnanoSIMカードから標準SIMカードへの変更依頼をかける。

5)標準SIMカードが到着したら、nanoSIMカードは返却キットで返還。

6)標準SIMカードを変換アダプターを使用せずに直接使用。

7)電話番号が再度変わったので、また各種SMSの認証をこなす。

8)使い終わったら、トーンモバイルのサイトで標準SIMカードからnanoSIMカードへの変更依頼をかける。

9)nanoSIMカードが届いたら、標準SIMカードは返却キットで返還。

10)2)へ戻り、以下ループ。

ご理解頂けたでしょうか?

サイズの変更依頼をすることによって電話番号を変更し、電話番号が変わることによってSMS認証が再度出来るようになるわけです。

 

②疑問解消

頻繁にSIMカードの変更をしても良いのかと思っていましたが、トーンモバイルに都度利益が発生しているようですので、問題無いようです。

ただし、将来的に規制される可能性は無くはありません。

 

4.自分のSIMカードのサイズを確認するには

SIMカードのサイズ

古いスマホを持っている方で、自分のSIMカードのサイズを知りたい方は、こちらの画像を参考にしてください。

標準SIM、またはmicroSIMサイズが使用されているスマホであれば、SIMサイズ変換アダプターを使ってSIMカードの入れ替えを行うことが出来ますので、そのスマホを使うことが出来ます。

nanoSIMサイズ限定のスマホの場合は、中古で良いので標準SIM、またはmicroSIMサイズのスマホを購入することをお勧めします。

 

5.ベストのスマホ端末を取得するには

スマホ

SMS認証用のスマホを用意するには、ヤフオク!やメルカリで安く購入するのも良いですし、心配な方は店頭でSIMカードのサイズを確認して購入するのが良いと思います。

重要なのは傷や画面割れなどの状態ではないので、初期費用を抑える為に出来るだけ安い中古スマホを用意するのをお勧めします。

ご自身の予算と相談して決めましょう。

 

6.掛かって来る費用を回収するにはどうするのか

費用回収

これまで、SMS認証の突破方法を紹介してきましたが、やはりどうしても初期投資と月額費が掛かってしまいます。

そこで、実際に実践している人がどうやって費用を回収しているかをお話したいと思います。

しかし、これらの方法は禁止されている場合がありますので、全て自己責任でお願いいたします。

 

①SMS認証代行

こちらは、SMSの認証を代わりにやってあげるサービスです。

ココナラやヤフオク!で既にやっている人がいますので、そちらを参考にしてやってみるのも良いかもしれません。

 

②SMS認証済アカウントの販売

こちらは、SMSの認証済のアカウントを大量に作成し、日本の電話番号でのSMS認証済アカウントとして販売することで、通常より高額な値段で販売することが出来ます。

Facebook・Twitter・YouTube・Instagram・mixi・各種ブログなど、1つの電話番号で作れるアカウントは沢山あるので、1つの電話番号を入手したタイミングで大量に作成しておくと良いかもしれませんね。

こちらも、ココナラやヤフオク!で販売している方がいます。

 

③追記:ココナラでSMS認証代行やアカウント販売するのが実に効率的!

いろいろ検証してみたところ、ココナラでSMS認証代行やアカウントを販売するサービスを出品するのが、実に効率良く稼げることが判明しました。

一度取得したSMSで様々なSNSやソーシャルゲームのアカウントを大量に取得しておき、それを出品して経費を回収するという流れです。

※ほぼ確実に利益が出ます。

詳しくはこの記事にまとめていますので、是非組み合わせてご活用ください。

ネット販売を始めるならココナラから始めるのが理想すぎる8つの理由

2016.09.11

 

7.まとめ

いかがだったでしょうか?

中には非道徳なものもありますので、あくまで「こんな方法もある」ということだけ知っていただければと思います。

アカウントの販売やSMS認証代行で稼いでいる方にとっては、公開されたくない情報だったかも知れません。

ごめんね。

※この記事を読んだ方にはこちらの記事もおすすめ

情報商材の中古品を90%OFFで購入出来るiNFoOFFがエグい件【合法らしいが自己責任】

2016.06.14
SMS認証用の携帯電話番号を量産して「SMS認証」を突破する方法

いつもシェアありがとうございます!

270万PVブロガーが教えるブログを30倍アクセスアップさせる全手法を動画講座にしちゃいました。

月間270万PVブロガーが実践している
「ブログ集客の動画講座」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのブログ運営に
お役立てください。

可愛いキャラクターが
本物のノウハウを暴露しちゃいますよ。

今のうちにダウンロードしてくださいね。


動画講座
 

6 件のコメント

  • SMS認証代行の相場が現在250円ほどなのに、シム変換手数料500円取られるので割に合わないと思います。
    多分実際に代行業者は他の方法で作成していると思います。

    • SMS認証が必要なアカウントはたくさんありますので、それらを1つのシムで認証突破し、そのアカウントを販売されている方が多いようです。

      新しく契約したシムでご自身には必要ないサービスの認証代行をすれば手数料は確実に回収が可能ですよ。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    松本圭一郎

    Webサイトの運営・集客の専門家であり、『Crescita』の管理人。ブログマーケティングが得意で、初心者は勿論、本格的にブログ運営したい個人向けにWebサイト運営・集客のアドバイスをしている。『与えて与えて与え続ける』という想いで活動中。 まだこの歳で温泉が趣味。真面目で温厚な性格だが、運動だけは続かない。そしてダイエットも続かない。痩せねば・・ッ!